スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千年の愉楽

若松孝二監督の遺作となってしまった『千年の愉楽』。
1月17日、テアトル新宿で行った先行上映に行って来た。

感想をうまくまとめて書けなく、今に至ってしまったが、
風邪を引いて熱っぽかったが、無理しても見に行って良かった。
21時以降の上映だったんで、終了は0時近く。
それでも、立ち去りがたい気持ちだった。

若松孝二ブログでのその様子

高良健吾、高岡蒼佑人気なのか、黄色い声は
なかったものの、若い娘が結構多かったなぁ。
井浦新も今やイケメン俳優の仲間入りだもんね。

中上健次の原作は、途中でほぼ挫折。。。
結構読みにくいんだよね~
言い回しというか、独特な文章がなかなか目を先に進めさせてくれなくて。
でも、世界観というか、昭和初期の雰囲気とか、
そういうものは映画で上手く現されていたな。
当時にはないはずの、冷暖房機の室外機があろうが、
現代的なモノが映っていようが、気にさせない若松映画。
(って、ちょっと、あ、映ってるって思ったけど)

more...

スポンサーサイト

theme : 公開予定前の映画
genre : 映画

tag : 寺島しのぶ 井浦新 高良健吾 高岡蒼佑 千年の愉楽 若松孝二

映画「ストロベリーナイト~インビジブルレイン~」

映画「ストロベリーナイト」、観てきたよ~

ドラマ同様、面白かった!

雨、雨、雨、雨・・・・・
演出として、話に膨らみを持たせ、良かった。

話の主軸というか、見せ場は竹内結子扮する姫川玲子と
大沢たかお扮する牧田勲との関係。

多くは語らないが、大沢くん、カッケイイ~~~~
原作を読んだ友人も、牧田が大沢くんと知って、
感嘆していたから、原作の牧田もきっと格好良いのだろう。

事件そのものの真相、特に隠蔽の理由は、
どうも警察の危機感が感じられなかった。

ただ、大沢くんの存在感は素晴らしかった。

TVでも十分な内容だと思うが、
大沢くんのおかげで、映画として成り立ったんじゃないかと思えるほど、良かった。
大沢ファンでなくとも、牧田の世界観を感じられるのでは。

西島秀俊扮する菊田・・・
哀しい~~~~~~~~

どこか闇を抱えた人間の方がなんとなく魅力に感じるのは
現実社会でもあるからねぇ。
確かに菊田はいい奴だけど、なんか気になって仕方がない・・・という
胸のざわめきを感じさせないんだよなぁ。
心の闇というか、一生抱えていかなければならない程の痛みもないし。
まぁ、ダンナには良いんだろうねぇ。

優しいだけの男に堕ちない姫川玲子の魅力というか、
弱さを感じましたねぇ。
同じ女として、非常に良くわかるのだ。

事件そのものも、ああ、なるほど、と思えてそれなりに楽しめた。

まだ公開中なので、ここまでとして、
見に行きたいなぁと思っている人は、ぜひ、映画館で。
迫力ある雨の効果を大画面で感じてください。

theme : 映画感想
genre : 映画

tag : 大沢たかお 竹内結子 西島秀俊

終の信託 試写会に行って来た

19日、有楽町の朝日ホールで「終の信託」の試写会に行って来た。

製作フジテレビということもあり、声が高くてうざい笠井アナが司会として登場。
個人的には好きではないが、さずがベテラン、落ち着いてます。

その後、周防正行監督、役所公司、草刈民代、大沢たかお、細田よしおが登場。

まぁ、大沢たかお目当てで言ったのが本音だが、周防監督の新作も大変興味があった。


結構早めに到着したから前の方の席に座れるかな、って思ったけど、
入場の整理券はランダムだったようで、明らかに私よりも後の人が
前方に座っていたので、頑張って仕事切り上げて来たのにちょっとがっかり。

でも、たかおちゃんはおっきいから、姿形だけで十分魅力的でした。
細田くんも背が高くて格好良いのだろうけど、
40過ぎのたかおちゃんの方がはるかにかっちょ良かったですね。
足は長いし姿勢はいい。

姿勢といえば、草刈民代さんもさすが元バレリーナ。
姿勢が素晴らしく、凛!として美しかった。
姿勢は大事。。。だと強く感じましたねー。

たかおちゃん、やや緊張気味?
なのかちょっと落ち着かない感じを受けた。
草刈民代の話に笠井アナが何度もフルから、
たかおちゃん、ちょいとフェイントぎみにマイクを握り締めてたり。

二回目にふられた時、近くの席のファンが双眼鏡で
たかおちゃんを見ていたのに気付いたらしく、
「いったいこんな近くで何を(双眼鏡)見てるんでしょうね(苦笑)」
と。
笠井アナが大沢さんを見ているんですよ、と言うと、
こんな近くで、緊張する、と言ってた。
おちゃめだぞ!たかお!

最後に、周防監督が、初めて一般の方にお披露目する時は
記念にみなさんの写真を撮ります。。。と言って、
壇上後方へさがり(他の登壇者もなぜか下がる)パシャリと。
私、写ってるかな~。。。

写真は、終の信託ツイッターに写っとります。
https://twitter.com/tsuinoshintaku


以下、ややネタバレあり。

more...

theme : ☆試写会☆
genre : 映画

tag : 終の信託 大沢たかお 周防正行

メゾン・ド・ヒミコ

最近、前記事のNHK朝のテレビ小説「カーネーション」で
脚本家の渡辺あやさんづいている^^;

このメゾン・ド・ヒミコは6、7年も前の作品で、当時も話題になってたけど、
どうも、柴咲コウの芝居が好きじゃなくてねぇ。
宇多田ヒカル同様、“口を閉じてしゃべる”
のが嫌いで。
(あ、でも、柴咲コウの曲はかなり好きです)

で、渡辺あやさん脚本作品を、スカパーで立て続けにやっているではないか!
マゾン・ド・ヒミコでの犬童一心とのコンビのジョゼ~なんかもあったけど、
マゾン・ド・ヒミコを自宅でまったりと鑑賞。

おほ!
面白い!
ホロリとさせられ、ニヤリとさせられ。

この、“ニヤリ”系の笑いが私は好きだ。
大笑いというより、何か皮肉ったような、
確信を付いたような、シニカルな笑い。
その笑いと号泣ではないホロリ系の感動が
うまく溶け込んでいたなぁ。

若干長めで、観ていて途中息切れしそうなところもあったけど。

more...

theme : ★おすすめ映画★
genre : 映画

tag : メゾン・ド・ヒミコ 渡辺あや オダギリジョー 柴咲コウ

キャタピラー

8月14日公開、『キャタピラー』を観に行った。

前の記事にもあるが、私は役者・寺島しのぶが好きだ。
彼女のキャラクターも好きだが、何より芝居が上手い。
ベルリン映画祭、最優秀主演女優賞を受賞したのも納得。

だから、生・寺島しのぶも観たくて初日の舞台挨拶つきを観に行った。

出征に行く日本男児を称えるような映画・・・特攻、戦艦大和や
戦時中の悲惨な出来事を描く映画やドラマは沢山ある。
そして、主人公は、その日本男児が多い。

しかし、このキャタピラーという映画は、題材が衝撃的ではあるが、
戦時中の昭和の女を描いている。
そして、その時代に反映される色濃い男尊女卑を描いてもいる。


私は、何よりそこに深い思いを感じた。

more...

theme : 映画感想
genre : 映画

tag : キャタピラー 若松孝二 寺島しのぶ

闇の子供たち

闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]
(2009/02/25)
江口洋介宮崎あおい

商品詳細を見る


以前、「エガちゃんのPPPするぞ!」の「エィガ一刀両断」で紹介され、
観てみたいなぁ・・・と思っていた映画「闇の子供たち」。
夕べ、日本映画専門チャンネルで、「座頭市TheLast」を
監督した坂本順治特集として放送していた。

へぇ、坂本順治だったんだ。
なんとなく、期待を持って観た。
そして、タイでの子供の臓器売買や児童売春という、
現在でも実際に起きている問題、社会的問題、
シビアな問題をテーマにしている分、余計に期待を持って観ていた。

実際に起きている問題を正面から捉え、
嘘のない描き方は胸に刃を刺されるかのようで、
感動や、怒りや、そういう激しい感情が
沸き起こるのではなく、静かな痛みを感じさせた。

ただ、いちをメジャー映画ではあるからか、
出演者の選択はいかがなものか・・・。

more...

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

tag : 闇の子供たち 江口洋介

ヨコハマメリー

日本映画専門チャンネルでたまたま見た「ヨコハマメリー」
白塗りに歌舞伎の隈取のようなアイラインに、
真っ赤な口紅の風貌が有名なことはなんとなく知っていた。

でも、この映画を見て、そういう奇異な目ではなく、
戦後の昭和を力強く生き抜いていたメリーさんに
心を強くもぎ取られるくらい締め付けられ感動した。
(感動なんて陳腐な言葉しか出てこない・・・)

映画は、メリーさんを知る人の証言が綴られ、
本人メリーさんは写真でしか現れない。
でも、それがかえってメリーさんの生き様を想像させてくれる。

とにかく、見ていて泣けてきた。



more...

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

tag : ヨコハマ メリーさん

サヨナライツカ

久しぶりに観たくてたまらなかった「サヨナライツカ
水曜レディースデイで観てきた。
いくら観たくても、映画館へは、もう映画サービスデイかこれでしか行かないね。

と、映画の感想・・・

なかなか、面白かった。
絶対観て欲しい!という程のものではいが、
ある程度、人生を重ね、愛するということを
自分なりに経験した人なら楽しめる映画ではないかと思う。
そして、中山美穂ファン、西島秀俊ファンならきっと満足するのではなかろうか。

そう、中山美穂がひと際美しかった。
黙っていれば^^;
しゃべるとなんかベタっとして、嘘っぽさが増すんだよね。
昔からそんな演技だったけど。

でも、比較的セリフの少ない演技だったからか、
彼女の外見的にも内面的にも溢れ出る何かが
とても美しく、潔い演技で気持ちよかった。

more...

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

tag : サヨナライツカ 中山美穂 西島秀俊

子猫の涙

子猫の涙 ラストファイト スペシャル・エディション [DVD]子猫の涙 ラストファイト スペシャル・エディション [DVD]
(2008/06/13)
武田真治
藤本七海

商品詳細を見る


これも日本映画専門チャンネルでたまたま観た。
「子猫」に惹かれてチャンネルを合わせたのだが・・・。

1968年メキシコオリンピックで銅メダルを獲得した
伝説のボクサー、森岡栄治の自伝的な物語。
森岡栄治を武田真二が扮する。
この男、身を滅ぼすくらいの、かなりのスケコマシ(女好き)。
でも、これまた憎めない^^;

あらすじ(ストーリー)は、こちらでどうぞ↓
シネアミューズ

more...

theme : 映画感想
genre : 映画

tag : 武田真二 藤本七海 子猫

やわらかい生活

最近映画は専らスカパーでしか観ないな。
よほど観たくてたまらない映画以外は映画館へ行くけど。
まず、チケットが高い。
そして、開演時間に合わせて映画館へ行くのが億劫になってしまった。
シネコンになって、座席も座り心地良くなったけどね。

邦画はつまらない・・・という定説があるけれど、なかなか面白い。
実のところはチケット買って、映画館まで行かないのが現実だけど^^;

空いた時間にながらで観るにはCS(スカパー)は助かる。
最近、日本映画専門チャンネルにお世話になっている。

最近、たまたま観たのが「やわらかい生活」。
公開当初も何気に気になっていた。
でも、映画館までは行かない。
だから、大変嬉しい^^



あらすじは他のサイトで確認してちょ。
あらすじ←ウザイくらいの解説です。

more...

theme : 映画感想
genre : 映画

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
おすすめ!







女性でも安心して購入できますよ♪
月別アーカイブ
まぁ、ポチっとな
アフェリやるなら!
とりあえず、登録しちゃお!
プロフィール

ぶーみん

★ぶーみん★
結構ないいお年頃♪
でも、テレビ大好き!
映画大好き!
海外ドラマ大好き!!!

リンク
アマゾンセレクト
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。