スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪の法則

wowowで放送したのを見た。

今をときめくマイケル・ファスべンダーの嫌みのないセクシーさ。
シェイムで確立してしまったエロ路線だが、
深みと憂いを漂わせる芝居が彼の魅力。
Mファスベンダー目的で見れば面白い映画だろう。

いかんせん、キャメロン・ディアスがねぇ。
おバカな軽いアメリカ女ってイメージがどーも拭えないというか、
映画の重みが半分になる。
でも、ぶっ飛んだ役どころは合ってたかな。

豪華俳優陣ってうたい文句だったけど、
ペネロペ・クルスの必要ある?
って配役。


ストーリーは、裏社会にちょっとだけ足を着けたはずが、
些細な偶然から、とんでもない状況に落ちていく主人公。
悪には理性なんかない、悪には悪の法則があるだけ。
スパーヒーローもいない、救いようのない結末。

配役は、ハリウッド作品として致し方ないとしてだが、
リドリー・スコット作品は見ていて引き込まれる。

tag : マイケル・ファスペンダー

comment

Secret

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
おすすめ!







女性でも安心して購入できますよ♪
月別アーカイブ
まぁ、ポチっとな
アフェリやるなら!
とりあえず、登録しちゃお!
プロフィール

ぶーみん

★ぶーみん★
結構ないいお年頃♪
でも、テレビ大好き!
映画大好き!
海外ドラマ大好き!!!

リンク
アマゾンセレクト
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。