スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇の子供たち

闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]
(2009/02/25)
江口洋介宮崎あおい

商品詳細を見る


以前、「エガちゃんのPPPするぞ!」の「エィガ一刀両断」で紹介され、
観てみたいなぁ・・・と思っていた映画「闇の子供たち」。
夕べ、日本映画専門チャンネルで、「座頭市TheLast」を
監督した坂本順治特集として放送していた。

へぇ、坂本順治だったんだ。
なんとなく、期待を持って観た。
そして、タイでの子供の臓器売買や児童売春という、
現在でも実際に起きている問題、社会的問題、
シビアな問題をテーマにしている分、余計に期待を持って観ていた。

実際に起きている問題を正面から捉え、
嘘のない描き方は胸に刃を刺されるかのようで、
感動や、怒りや、そういう激しい感情が
沸き起こるのではなく、静かな痛みを感じさせた。

ただ、いちをメジャー映画ではあるからか、
出演者の選択はいかがなものか・・・。
主演の江口洋介は、良い。
ある時期から、趣のあるいい役者になったような気がする。

ささくれのように気になったのが、宮崎あおい、妻夫木聡。
役柄のせいもあるのだろうが、どうなんだろう、芝居。
あれって、上手いのかな?
いちを、NHKの大河主役を張ったけどさ。
嫌いっていうのもあるけど、この配役、ミスキャストじゃないかな。

重いテーマな分、リアリティを望んでしまう。
無名でもいいから、もっといい役者を配役して欲しかった

あと、ラスト。
というか、主人公の性癖をこのテーマに無理矢理絡ませた感じ。

夕べの映画放送後、坂本順治のインタビューがあった。
ラストと、この主人公の性癖は、原作になく、監督自ら色づけしたそうだ。

まず、ラスト。
少女二人が川ではしゃいで遊んでいる様子が描かれている。

一人はエイズに侵され、ゴミ収集車に捨てられ、
そこから逃げ出した少女は、自分を売った両親の元へ這って帰宅する。
そして、治療もなく、屋外に隔離され、
そのまま餓死と病魔で死に、父親自ら亡骸とする。

もう一人の少女は、散々売春させられ、
最後は、日本人の少年の心臓提供者となり、
健康なまま、心臓を取られ、そのまま死んでいく。
それは、姉妹が同時日に描かれている。

その少女たち姉妹が、ラストに当たり前の子供として
川ではしゃいでいる姿を描いて終わっているのが、私は唸ってしまった。
監督は、救いのようなものを描いておきたかったと言っていたが・・・。

んんんん~~~どうだろう????
かなり悲惨な事実をリアルに描いているフィクションだけど、
事実に近い描き方をしたのだから、ありのままで終わらせて欲しかった。
一つ摘むいでも、根がある限り絶えない不道理で終わって欲しかった。

そして、主人公の性癖、映画のテーマの一つである、児童買春。
それも少年。
映画の中でも、それとなく、伏線はあったものの、
あの主人公がそういう性癖を持っている、という
不条理はいらなかったような気がする。

売春した少年の写真を額に入れて部屋に飾るか?
アイドルのポスターを壁に貼るのと同じ意識なのか?
児童性猥褻者の犯罪ニュースの切抜きを壁に張り詰め、
その真ん中に鏡があり、主人公はその鏡に自分を写し、
壁に張られた切抜きの犯罪者達と自分は同じだ、と、
そうやって自分を戒めていたと描きたかったのか?

最後にそんなミステリーはいらないよ。
主人公は、ヒーローではないけれど、この“悪”を暴くために
紛争しているのに、その“悪”は裁かれず、
実際に絶たれず続いている現実だ、と映画を
通して観る側は感じているのだから、それで十分だったような気がする。
この主人公の最後は取ってつけたようだ。

あまりにも、浅はかな結末に、せっかくここまで
緊張して観ていたのにガクっときた



坂元順次の監督作品をまともに観たのは
「傷だらけの天使」だけだから、作品色みたないなものは
よくわからないが、いちを、実際に起きた事件や
社会性のあるものをテーマにしているのが多いようだ。

この「闇の子供たち」を見た限り、リアリティを表現するより、
ちょっと皮肉った、シニカルなユーモアや、
乾いた感じを表現してくれる方が描きたい事を
観る側は面白いと感じるのではないだろうか、と思った。


あ、エンディングロールでの主題歌「現代東京奇譚」はいい。
さすが、桑田佳祐だなぁと感じさせる。
特に、サビの部分は、なんか懐かしく切ない思いに駆られる。

ま、制作にアミューズが入っているから桑田起用は納得だが、
キャスティングにしても、お金かけているのに、
あんな配役と最後でガッカリ
だった。

でも、原作を読みたい! と思わせてくれたけどね。

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

tag : 闇の子供たち 江口洋介

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桑田佳祐 Act Against AIDS 2008 昭和八十三年度!ひとり紅白歌合戦

桑田佳祐 Act Against AIDS 2008 昭和八十三年度!ひとり紅白...

comment

Secret

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
おすすめ!







女性でも安心して購入できますよ♪
月別アーカイブ
まぁ、ポチっとな
アフェリやるなら!
とりあえず、登録しちゃお!
プロフィール

ぶーみん

★ぶーみん★
結構ないいお年頃♪
でも、テレビ大好き!
映画大好き!
海外ドラマ大好き!!!

リンク
アマゾンセレクト
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。