スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャタピラー

8月14日公開、『キャタピラー』を観に行った。

前の記事にもあるが、私は役者・寺島しのぶが好きだ。
彼女のキャラクターも好きだが、何より芝居が上手い。
ベルリン映画祭、最優秀主演女優賞を受賞したのも納得。

だから、生・寺島しのぶも観たくて初日の舞台挨拶つきを観に行った。

出征に行く日本男児を称えるような映画・・・特攻、戦艦大和や
戦時中の悲惨な出来事を描く映画やドラマは沢山ある。
そして、主人公は、その日本男児が多い。

しかし、このキャタピラーという映画は、題材が衝撃的ではあるが、
戦時中の昭和の女を描いている。
そして、その時代に反映される色濃い男尊女卑を描いてもいる。


私は、何よりそこに深い思いを感じた。
四肢と声を失い、自由に身動きの出来ない夫を
「お国の為」と甲斐甲斐しく世話をする妻。
周りの人々は、体の不自由な夫を生ける神様「軍神様」と奉る。

自由に動けず、食べる、寝る、セックスをするだけの夫。
昼でも夜でもしたい時に妻にセックスを強要する。
その日の食物が尽きているのに、尽きない食欲。

ただ、ただ、夫の世話と生活の為の労働の繰り返しの日々を
送る妻の限界を越える頃、終戦を迎える・・・。
終戦しようが夫の世話は死ぬまで続くと思われたが・・・。


四肢のない夫は、人間の普遍なる欲望そのものを描いているように感じた。
そして、それを過剰なまでに欲する姿は、人間として生きている証にも見えた。

夫(=男)が絶対の時代。
虐げられていた女性の姿が描かれ、寺島しのぶの素晴らしい演技で
同じ女として、身に突き刺さるような思いを感じた。


現代でも男尊女卑な状況はまだまだある。
年齢を重ね、下手な男より仕事をこなせてしまうと、強く感じる。
(自分へのおごりもあるかと思うが)
小さな会社ほどその傾向は強いように思う。
なぜなら、小さなキャパシティでの仕事しかしていないから、
考え方が小さいキャパでしか判断できないからだ。

日本が絶対で、世界を見られない当時の日本は、小さな会社そのものである。
小さい規模の会社全てとは言わない、大企業でも根強いモノはある。
似たような考えの人間の中でしか物事を進めていないと、不安なのである。
だから、似たような考えの人間しかいない。
新しい事や同じ事でも別の角度から見ることが出来ない。
怖いのだ。
上手くまとまっている事で、仕事が出来ていると勘違いしている男が多すぎる。
全ての男とは言わないが、結局女より上でありたいと思っている。

モノの見方や考え方を広く自由に考えられない、
見栄や肩書きを好む男達は今だ健在だと言いたい。

映画から話は逸れるが、歩道を歩いていると、向かいから
50歳以降と見られる中年の男性が3人歩いてくる。
しかも、3人横並び。
誰かが後や前に避けるでもなく、そのままギューっと肩を寄せ合って
向かいからくる私を避けるのだが、結局私が歩みを止めるか
歩道からズレるかしてその場を過ぎることによく遭遇する。
なんなんだろう?????
男の孤剣ってヤツ?


映画の話に戻して、
戦争映画というよりは、人間の、男女の普遍なる出来事を通して
あの時代のモノの捉え方をあざ笑うかのようなそんな物語にも思えた。


ラストに流れる、元ちとせの「死んだ女の子」。
どんな曲なのだろうと思っていたが、
パズルのピースのように、元ちとせしか歌えない曲であり、
この映画にうまく当てはまっていた。
よく見つけたな、と思う。


寺島しのぶはすごい。
ほとんどの日本の女優は、モデル上がりとか、見た目がキレイなだけで味がない。
寺島しのぶは美人ではない。
演技力だけではない、引き付ける何かがある。
塗れ場も、さらりと当たり前のようにこなす。
正直、肢体は子供のように真っすぐで、色気は感じない。
嫌らしさがなく、自然に見られる。
でも、何か濡れた感じが漂う。

夫役の大西信満さんも素晴らしかった。
知名度は低いが、評価に値すると思う。

この2人の芝居を観るだけでも価値はあると思う。
映画が終わって、私はスタンディングオベーションをしたいくらい
大きな拍手を送りたかった!!!


帰りの電車では、
若松孝二監督・寺島しのぶ・大西信満の3人のサイン入り
パンフレットを食い入るように読んでいた。
(宣伝!宣伝!)

映画を観ていてず~~~っと思っていたことがある。
四肢を失くした姿の撮影方法とか、大西さんのの苦労とか、
そういう“創る”という部分が気になって気になって仕方なかった^^;

パンフレットにはそういうことは一切なかったので、
これは、まぁ、本当に四肢のない人間に映っていたカメラワークと
大西さんの演技に大いなる拍手、ということで、
謎のままでおこう。




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

theme : 映画感想
genre : 映画

tag : キャタピラー 若松孝二 寺島しのぶ

comment

Secret

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
おすすめ!







女性でも安心して購入できますよ♪
月別アーカイブ
まぁ、ポチっとな
アフェリやるなら!
とりあえず、登録しちゃお!
プロフィール

ぶーみん

★ぶーみん★
結構ないいお年頃♪
でも、テレビ大好き!
映画大好き!
海外ドラマ大好き!!!

リンク
アマゾンセレクト
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。